環境問題への意識が高いドイツ人の生活

Posted 2月 14th, 2017 by kgDMHoaA

1999年に半年ほどドイツに留学をしていました。

ドイツ人と一緒に4人でアパートをシェアして生活していて、ドイツ人の生活を垣間見ることができました。

まず、ゴミの仕分け。主に紙類、プラスチック、その他のゴミに分類します。

今でこそ日本でもゴミの仕分けをしますが、当時はまだ浸透しておらず、ドイツ人の環境への意識の高さに衝撃をうけました。

生ゴミには、分解して土に戻るビオの生ゴミ用袋もあります。

ミネラルウォーターやジュースもリサイクルできるビンがほとんどで、ペットボトルもありましたが、重たいにもかかわらず、あえてビンを購入する人が多かったのを覚えています。

2年前にドイツに行ったときは、ペットボトルが主流になってましたが、ペットボトルもリサイクル用に回収していて、店に持ち込むとボトル代が返却されていました。

企業ぐるみでリサイクルを活性化させているところに、改めて環境問題に真摯なドイツ人に感心しました。

ほとんどの家には、食洗機がついています。

水が高いことで有名なドイツなので、少ない水で洗える食洗機は、水の節約になるのです。

それに、手で皿を洗うときは、洗剤で洗ったあと、すすぎません。

シンクに熱いお湯をためて、そこに少し洗剤をたらし、洗って乾かしてお終いです。

体に害の少ない洗剤なのかもしれませんが、いくら水がもったいないからと言っても、それだけは馴染めませんでした。

これも今では日本でも当たり前になってきましたが、スーパーで買い物袋は有料です。

みんな布で出来たエコバックを持って買い物をしてますし、車のときは、折りたためる買い物用のかごを常備しています。

徹底してゴミを最小限に抑える努力が見受けられます。

夕方も遅くまで電気は使わず、自然な明かりを好み、夜になるとロマンチックなろうそくを使う家が多いです。

食品も有機栽培のものを取り扱う店が多かったです。

私の住んでいた近所には、有機栽培で育てた野菜を、注文をすると隣接する畑から採ってくるという、これ以上新鮮な野菜はないってほど新鮮なエコロジーショップもありました。

外側からだけでなく、体の内側からもエコを取り入れてる人が多いようです。

値段は少々高くつきますが、それでも地球にも人にも良いものを選ぶ、環境問題への意識の高いドイツ人だからだと思います。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>